忍者ブログ
2018 12
≪ 2018 11 12 3 4 5 6 7 89 10 11 12 13 14 1516 17 18 19 20 21 2223 24 25 26 27 28 2930 31 2019 01 ≫


*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

PC系スポンサーリンク







11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
[11/23 cialis generic Maith]
[11/23 buy cialis online Maith]
[11/23 canadian online pharmacy Prirl]
[11/23 buy cialis online Maith]
[11/22 online pharmacies canada Prirl]
HN: 新堂 瑞樹, mz
性別: 男性
自己紹介:
健康第一

千葉市内一部地域を対象に出張整体やってます
仔細はコチラをご参照あれ

すかいぷ: mizuki_zero
予約等はこちらからも受け付けております
*付きは必須項目です

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




どうも、ありがとうございました〜 の選択を

漫才の締めに必ずといっていいほど使われる、
「もういいよ!」
 からの、
「どうも、ありがとうございました〜」

 この「もういいよ!」は、たびたび様式美、形式テンパイ、社交辞令的にとりあえずカタチだけのものとして扱われる。
 「もういいよ!」の使い手側はいかにも「もういいよ!」などとは微塵も思っておらず、舞台を無事ハケることばかり考え、相方をはたく手もおよそ重みが感じられない。これはよろしくない。もっと観客、受け取り手に勢いを感じさせなくてはならない。「もういいよ!!!!!!」ぐらいに。あるいは3度繰り返してみるとか。もういいよ! もういいよ!! もういいよおぉぉぉぉぉぉおおい!!! ここまでやると変な子供がかくれんぼでもしてるかのようである。

 とにかく私は形骸化した「もういいよ!」に不満を抱く者である。しかしそうなってしまったものは仕方ない。ならばせめて、
「どうも、ありがとうございました〜」
 こちらを「もういいよ!」に併せて変えられないものだろうか。やはり熱意の感じられないダルンダルンの状態でお辞儀してみるとか。逆に40秒お辞儀のまま黙祷してみるとか。観客から「もういいよ!」がもらえること請け合いである。

拍手

PR



この記事へのコメント

この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字






この記事へのトラックバック

この記事のトラックバックURL